コンテナハウスガイド【九州版】 » 熊本でコンテナハウスを建てる

熊本でコンテナハウスを建てる

コンテナハウスガイド【九州版】 » 熊本でコンテナハウスを建てる

熊本エリアでコンテナハウスを提供している施工会社の情報をまとめました。ぜひ、参考にしてみてください。

熊本エリアに対応したコンテナハウス施工会社

コンテナハウスジャパン

宮崎県を本拠地とするコンテナ専門業者で、熊本はもちろん全国への配送が可能。自社に加工所があり、デザイン性の高い建築確認対応のコンテナハウスも手がけています。

コンテナハウスジャパンの
コンテナハウスについて詳しく

エムズホーム

中古の海上コンテナを活用した、コンテナハウス住宅やガレージなどを製作している会社。予算に合わせたコンテナハウスを提案しており、自由度も高くなっています。

エムズホームの
コンテナハウスについて詳しく

三協フロンティア

熊本菊陽店・展示場があり、取り扱っているユニットハウスの現物を見ることができます。ユニットハウスは工場で製作、現地で組み立てるため、施工がスピーディーです。

三協フロンティアの
コンテナハウスについて詳しく

ツシマ

耐久性に優れたコンテナハウス「T・BOX」を提供。複数のコンテナを組み合わせたり、内装・外装をアレンジするといったオリジナルデザインにも対応しています。

ツシマの
コンテナハウスについて詳しく

丸昭建設

日本の建築基準法に基づいた、高品質コンテナによるコンテナハウスを提案。住宅・事務所などの用途に合わせて、自由に間取りやプランをアレンジすることができます。

丸昭建設の
コンテナハウスについて詳しく

ワンスアップ

海上コンテナ・中古コンテナを用いた、ハウジングコンテナ等の製造・販売を行っています。本社は長崎県となっていますが、熊本県でのコンテナ設置もOKです。

ワンスアップの
コンテナハウスについて詳しく

リズナハウス

低価格でユニットハウス・コンテナハウス・中古プレハブを販売。カスタマイズする場合は変動しますが、約2週間前後で納品できるというスピーディーさが特徴です。

リズナハウスの
コンテナハウスについて詳しく

IDMobile

オリジナルのコンテナユニット「IDMobile」の設計・製造・販売を行っている会社。IDMobileは、日本の建築基準法に適合するよう改良された建築コンテナとなっています。

丸昭建設の
コンテナハウスについて詳しく

修成工業

一般的なコンテナよりも約30cmほど高さのある、ハイキューブコンテナを用いているのが特徴。1つ1つをフルオーダーで仕上げているため、デザインも間取りも自由自在です。

修成工業の
コンテナハウスについて詳しく

堀内鋼業

海上コンテナを改造したコンテナハウスと、JIS鋼材を用いたムーバブルハウスの2つを取り扱っています。ニーズに合わせたフルオーダーメイドでの製作となっています。

堀内鋼業の
コンテナハウスについて詳しく

自社施工で安心できる
九州のおすすめ
コンテナハウス会社3選Pick up
コンテナハウスジャパン
コンテナハウスジャパン

施工事例数 68

対応項目

  • 自社施工自社施工
  • 施工確認施工確認
  • デザイン塗装デザイン塗装

コンテナハウスジャパンに
電話で問い合わせる

博栄
博栄

引用元:博栄公式HP(http://www.hakuei-c.co.jp/518/)

施工事例数 38

対応項目

  • 自社施工自社施工
  • 施工確認施工確認

博栄に
電話で問い合わせる

アーススマート
アーススマート

引用元:アーススマート公式HP(https://www.earthsmart.jp/jisseki/jisseki012.html)

施工事例数 29

対応項目

  • 自社施工自社施工

アーススマートに
電話で問い合わせる

自社施工に対応した九州にあるコンテナハウス会社の中から施工事例のバリエーションが豊富な会社をご紹介(2021年4月調査時点)。

熊本エリアの住みやすさ紹介

九州の中西部に位置する熊本県は、自然が豊富で交通面も充実。なかでも熊本市は市電が走っており、市内での移動がスムーズ。バスも多く、車がなくてもさほど困りません。教育機関としては国立の熊本大学をはじめ、数多くの私立大学・専門学校・高等学校が揃っているのが特徴。各エリアには子育て支援センターもあり、子育て世帯への支援も活発です。住民は親切な人が多く、治安も比較的良好であることも特徴のひとつ。

熊本エリアの地形・地盤の特徴

熊本県は、九州のほぼ中央に位置しており、周囲が阿蘇山などに囲まれています。

また、西部は有明海に面しており、熊本平野や八代平野が広がっています。

熊本県では、さまざまな地形や地質が存在しているため、それぞれに応じた地盤改良が必要になります。

阿蘇山麓地域・熊本平野北部・東部地域は表面の黒ぼくが蓄積しています。

そして、黒ぼくは鋭敏比が高いことから、一度乱して水分が加わることにより強度が著しく低下するため、対策が必要になります。

有明海沿岸域は軟弱な粘土層で形成されており、GL-10m付近の中間層では砂質土層が存在します。

また、熊本平野や八代平野では、飲水となる地下水環境を配慮していることから、規制杭を用いた地盤補強を行っています。

熊本エリアの用途地域は?

用途地域とは、計画的な市街地を形成するため、用途に応じて13地域に分けられたエリアのことを指します。

地域別に建てられる建物の種類や大きさが制限されていることから、エリアごとに住心地や暮らしが変わってきます。

用途地域13地域を区分すると、住居系・商業系・工業系の3つに大きく分けられます。

また、この中から住居系で8地域、商業系で2地域、工業系で3地域と区分することができます。

第一種低層住居専用地域を例に挙げると、建物の高さが10m〜12mに制限され、コンビニが建てることができないなど、建てられる建物に制限が発生します。

熊本市では、神水本町や出水7・8などが第一種低層住居専用地域として挙げられます。

このように、地域によってさまざな用途地域がありますので、コンテナハウスを建てる際は用途地域もしっかりと確認して建てるようにしましょう。

熊本エリアの防災対策は?

土地探しにおいて、過去の災害や現在おこなわれている防災に関する情報を調べることは大変重要になります。

自然災害のリスクとして、地震・火山活動や地球温暖化に伴う大雨・短時間強雨により洪水・土砂災害・台風の大型化などが挙げられます。

過去の災害を知る方法として、ハザードマップを見るという方法があります。

国土交通省のハザードマップポータルサイトにて、さまざまな災害リスクを一枚の地図に重ねて表示できる、重ねるハザードマップを見ることができます。

地形分類では、土地周辺の成り立ちや特有の自然災害リスクを知ることができますので、ぜひチェックするようにしましょう。

熊本市の災害対策として、災害時に井戸水の提供をおこなっている他、熊本市災害情報メールといった各種災害情報や気象情報をお知らせしてくれるメールサービスを提供しています。

自社施工で安心できる
九州のおすすめ
コンテナハウス会社3選Pick up
コンテナハウスジャパン
コンテナハウスジャパン

施工事例数 68

対応項目

  • 自社施工自社施工
  • 施工確認施工確認
  • デザイン塗装デザイン塗装

コンテナハウスジャパンに
電話で問い合わせる

博栄
博栄

引用元:博栄公式HP(http://www.hakuei-c.co.jp/518/)

施工事例数 38

対応項目

  • 自社施工自社施工
  • 施工確認施工確認

博栄に
電話で問い合わせる

アーススマート
アーススマート

引用元:アーススマート公式HP(https://www.earthsmart.jp/jisseki/jisseki012.html)

施工事例数 29

対応項目

  • 自社施工自社施工

アーススマートに
電話で問い合わせる

自社施工に対応した九州にあるコンテナハウス会社の中から施工事例のバリエーションが豊富な会社をご紹介(2021年4月調査時点)。