コンテナハウスガイド【九州版】 » 宮崎でコンテナハウスを建てる

宮崎でコンテナハウスを建てる

コンテナハウスガイド【九州版】 » 宮崎でコンテナハウスを建てる

ここでは、九州の宮崎エリアでコンテナハウスの施工を手がけている会社情報をご紹介しています。

宮崎エリアに対応したコンテナハウス施工会社

コンテナハウスジャパン

建築基準法に適合した、確認申請の取れるコンテナハウスをリーズナブルに提供しています。製造から設置まですべて自社で手がけているため、自由度の高いデザインも実現可能です。

コンテナハウスジャパンの
コンテナハウスについて詳しく

コンテナハウス2040.jp

建築基準法・建築確認対応のコンテナハウスを取り扱っており、申請や手続きのサポートもアリ。製造から建築までワンストップで対応しており、品質に自信を持っています。

コンテナハウス2040.jpの
コンテナハウスについて詳しく

アーススマート

コンテナハウスとアメリカンガレージを主力事業とする会社。住宅メーカーでのノウハウを活かした、個性的でデザイン性の高いコンテナハウスを提供しています。

アーススマートの
コンテナハウスについて詳しく

BOX OF IRON HOUSE

建築基準法に基づいてISO(世界基準)コンテナを改造した、国産の建築確認対応コンテナハウスを取り扱っています。1から製造する新造コンテナと中古コンテナがあります。

BOX OF IRON HOUSEの
コンテナハウスについて詳しく

ムーバブル ハウス

ムーバブルハウスとは、一級建築士が提案する移動可能式のコンテナハウス。JIS鋼材を用いてすべて自社でフルオーダーメイド製造するなど、品質にこだわっています。

ムーバブルハウスの
コンテナハウスについて詳しく

エムズホーム

中古海上コンテナを用いたコンテナハウス・ガレージなどを手がけています。自由なプランニングが特徴的で、好みや予算に合わせたコンテナハウスを提案しています。

エムズホームの
コンテナハウスについて詳しく

三協フロンティア

都城店・展示場を持つ三協フロンティアでは、短工期で製造できるモバイルスペースを取り扱っています。ユニットはそれぞれ独立しており、必要な分だけを組み合わせて利用できます。

三協フロンティアの
コンテナハウスについて詳しく

ガイアテック

2020年6月よりコンテナ事業に着手。住宅用のコンテナハウスは建築士監修のもとでプランニングされており、窓やドアを取り付けても十分な強度を保てるようになっています。

ガイアテックの
コンテナハウスについて詳しく

ジャカコン

沖縄県に本社を持つコンテナ専門会社ですが、宮崎県では都城営業所で対応。オーダーメイドのコンテナハウスも手がけており、デザインや建築設計も行っています。

ジャカコンの
コンテナハウスについて詳しく

m-door

コンテナハウスの製作・販売を行っているm-door。使用しているのは建築専用コンテナなので、強度や安全性も確保されています。デザインにこだわっているのも特徴のひとつ。

m-doorの
コンテナハウスについて詳しく

自社施工で安心できる
九州のおすすめ
コンテナハウス会社3選Pick up
コンテナハウスジャパン
コンテナハウスジャパン

施工事例数 68

対応項目

  • 自社施工自社施工
  • 施工確認施工確認
  • デザイン塗装デザイン塗装

コンテナハウスジャパンに
電話で問い合わせる

博栄
博栄

引用元:博栄公式HP(http://www.hakuei-c.co.jp/518/)

施工事例数 38

対応項目

  • 自社施工自社施工
  • 施工確認施工確認

博栄に
電話で問い合わせる

アーススマート
アーススマート

引用元:アーススマート公式HP(https://www.earthsmart.jp/jisseki/jisseki012.html)

施工事例数 29

対応項目

  • 自社施工自社施工

アーススマートに
電話で問い合わせる

自社施工に対応した九州にあるコンテナハウス会社の中から施工事例のバリエーションが豊富な会社をご紹介(2021年4月調査時点)。

宮崎エリアの住みやすさ紹介

九州の南東部に位置する宮崎県は、温暖な気候と豊かな自然に恵まれた地域です。なかでも宮崎市は交通の便が非常によく、通勤・通学の所要時間が短いことも特徴。電車やバスといった交通機関も発達していますが、マイカーがあればより行動範囲が広がります。教育サポートも充実しており、中学校・高校では塾に通わずともしっかりと勉強できる体制を確立。保育園・幼稚園も充実、子育てサポート施設も多く設けられています。

宮崎エリアの地形・地盤の特徴

宮崎エリアの地形の特徴として、県土の約75%が山地となっています。

地形の構成として、火山地・山麓丘陸・台地・段丘・低地、これらを内包する低平な平地・盆地に区分されます。

山地は岩盤類などの基盤の上に、火山灰からなる黒ぼく土や森林性有機質土が堆積しており、低山地や山麓部ではシラスが堆積している他、火山礫や軽石なども混在しています。

丘陵地や台地は岩石質・砂礫質でできており、火山地周辺部では上位がシラスに被覆されてシラス性丘陵やシラス台地を形成しています。

低地は沖積層を成しており、土砂や侵食二次堆積土をはじめとして火山性の砂・砂礫・砂質シルトが混在しています。

その他にも、沖積シラスや二次堆積シラスの分布地域は、軽石礫や火山ガラスを含むことが多いとされています。

いずれにしても、宮崎エリアは軟弱地盤を形成していることが多いため、住宅を建てる場合の基礎形式の選定は慎重におこなうようにしましょう。

宮崎エリアの用途地域は?

用途地域とは、地域の住環境を整えるために定められているエリア分けのことを指します。

用途地域は13種類に区分され、そこから住居系・商業系・工業系の3つに分けられます。

さらに、住宅系の中から8つ、商業系の中から2つ、工業系は3つに区分することができます。

用途地域の住宅系の一つとして、第一種低層住居専用地域が挙げられます。

第一種低層住居専用地域は、低層住宅のための地域のことを指し、建設可能な建物の高さは10〜12メートルなどに制限されているといった特徴があります。

床面積の合計が50㎡以下の店舗や一戸建て住宅・賃貸住宅、マンションや小中学校を建てる事が可能です。建てられる建物の種類が限られているため、駅から遠いなど不便な部分がある一方、閑静な住環境となるため都会から離れた場所に家を建てたいという人におすすめです。

宮崎市では、花山手東や花山手西、江南や大坪西などをはじめとする、宮崎市役所周辺に第一種低層住居専用地域が密集しています。

宮崎エリアの防災対策は?

土地探しにおいて、過去の災害や防災に関する情報を調べることは大変重要なことになります。

災害から身を守る方法として、事前にその土地のハザードマップを確認する方法が挙げられます。

国土交通省のハザードマップポータルサイトで、さまざまな災害リスクを一枚の地図に重ねて表示することが可能な、「重ねるハザードマップ」を見ることができます。

また、地形分類で土地の成り立ちや地形特有の自然災害リスクを知ることができるので、見えないリスクを回避することが可能です。

宮崎市の防災対策として、災害時緊急物資の備蓄や災害時避難施設の指定、地震発生時の一時避難場所を設けています。

また、防災行政無線の整備や防災訓練の実施もおこなうなど、さまざま防災対策をおこなっています。

その他に、大規模災害の発生に備えて、災害時相互応援協定を各地域・民間団体・会社などと結んでいます。

自社施工で安心できる
九州のおすすめ
コンテナハウス会社3選Pick up
コンテナハウスジャパン
コンテナハウスジャパン

施工事例数 68

対応項目

  • 自社施工自社施工
  • 施工確認施工確認
  • デザイン塗装デザイン塗装

コンテナハウスジャパンに
電話で問い合わせる

博栄
博栄

引用元:博栄公式HP(http://www.hakuei-c.co.jp/518/)

施工事例数 38

対応項目

  • 自社施工自社施工
  • 施工確認施工確認

博栄に
電話で問い合わせる

アーススマート
アーススマート

引用元:アーススマート公式HP(https://www.earthsmart.jp/jisseki/jisseki012.html)

施工事例数 29

対応項目

  • 自社施工自社施工

アーススマートに
電話で問い合わせる

自社施工に対応した九州にあるコンテナハウス会社の中から施工事例のバリエーションが豊富な会社をご紹介(2021年4月調査時点)。